ハイパーボヘミアンとは?

Hyper Bohemian
ハイパーボヘミアンという。これは働き方に加えて、ライフスタイルの変革も含めた生き方の概念だ。組織からの自由、場所の自由をだけではなく、究極の自由を目指す生き方であり、「働くのはやめよう」「今すぐリタイアのススメ」くらいにイッちゃてる話だとかんがえて良い。

ハイパーボヘミアン界のスーパースターは、ティモシー・フェリスというひとで、自動化されたスモールビジネスを所有し、だいたい週4時間の労力で年収500万円*稼ぐ仕組みを作り、遊んで暮らすことを推奨している。

投資銀行で死ぬほど働いて年収2000万ではなく、週4時間のみで年収500万を狙い、生活は断舎離的して、不用なものは持たずに身軽に(ノマドっぽい)するというものだ。

基本的には、好きな事をやって遊んで暮らす。やりたいことだけやって、嫌なことは一切やらない。ティム氏は、カリブ海でダンスして過ごしたり、冒険旅行などをしてすごしているようだ。ハイパーボヘミアンは自由な時間や、嫌なことはやらないという生き方に力点があり、そのための仕組みとして、デジタルノマド的な仕組みを利用する。

しいて日本人であげるとすればホリエモンだろう。塀のなかからメルマガで年収1億円稼ぎ、楽しいことを目論んでいる。もちろんホリエモンはハイパーノマドでもある。
*ティム本人は仕組みをつくるために自分の会社をもちスタッフも居る。彼は、フリーランスではない。なお、500万どころでなく、ゼロひとつ多く稼いでいると思われる。

参照⇒ 決定版:ノマドの用語の混乱に終止符を。原語から紐解く5つのノマドの定義

 

一言で言えば

究極の自由を目指す生き方 ですね!

 

140123timferriss01-thumb-640x360-70345

ティモシー・フェリスさん↑

 

彼の本から私も刺激を受けました!

読んで手放しましたが。。

Kindle版が出たらまた欲しいなと思います。